ゴミ処理

モバイルバッテリーはどうやって捨てるの?何ゴミになるの分別方法は

スマホを使っていると充電切れが心配で、モバイルバッテリーを持ち歩いている人も多いのではないでしょうか?

携帯電話の充電機能に寿命があるように、モバイルバッテリーにも充電できる回数が決まっています。

また、モバイルバッテリーを使い続けると、リチウムイオン電池が劣化するため、充電するのに時間がかかったり、バッテリー容量が減りやすくなったりしてきます。このような状態で無理に使い続けると、バッテリーが膨張したり、発火などの事故可能性があります。

そのような状態になったモバイルバッテリーは使用をすぐに中止して処分をしてください。

そんな不用になったモバイルバッテリーを捨てるにはどうしたらいいのか、ご紹介します。

ゴミ回収でモバイルバッテリーは捨てられる?

モバイルバッテリーを捨てるのは何ゴミに分別したらいいの?迷ったことはありませんか?

実は、ほとんどの自治体でモバイルバッテリーは捨てることができません。

そこで、モバイルバッテリーの処分方法をまとめて紹介します。

モバイルバッテリーの処分方法

これだけ普及をしているのに、モバイルバッテリーはゴミとして捨てることができません。

ではどのようにモバイルバッテリーを処分すればいいのか、捨てられる場所はどこにあるのかご紹介します。

販売店のリサイクルBOXで回収

モバイルバッテリーは電気店、自転車販売店、自治体の施設に設置してあるリサイクルBOXで無料回収をしています。

出典:JBRC

どこのお店で無料回収をしているのかは、JBRCのホームページで協力店・協力自治体を検索できます。

協力店・協力自治体の検索

お住まいの地域を選択していくと、無料回収をしている店舗を探せます。

メルカリなどのフリマアプリで販売

故障や不良などがなくまだ使用できるものは、メルカリ等のフリマアプリで売ることもできます。

メルカリに出品できるモバイルバッテリーは、安全基準に適合した製品のみになります。メルカリで出品する場合はルールを守って出品をしてください。

メルカリに出品してもよい商品とは?

メルカリにてモバイルバッテリー、ワイヤレスイヤホンの充電器を出品する際は、安全基準に適合したことを示す以下の「PSEマーク」が明確に判断できる画像を必ずご掲載ください。

出典:メルカリ

リサイクルショップで買い取り

状態の良いものや新製品はリサイクルショップなどで買い取りをしてもらえます。

ネットで申し込みをして、商品を送るだけで査定してもらえるので手間もなく簡単に依頼ができます。景品として無料でもらったものでも、店舗によっては買い取ってもらえるようです。

一流メーカーの製品、容量の大きいもの、最新モデルのモバイルバッテリーは高値での買取が期待できます。

まとめ

ゴミとしては捨てられないモバイルバッテリーの処分方法を紹介しました。モバイルバッテリーのリチュウムイオン電池は劣化するため、使い続けることができない製品のため、必ず処分をする必要があります。

不用となったモバイルバッテリーを自宅で保管をしている場合は、火災の危険もあるため正しい方法で処分をしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です